ホーム > その他の体の悩み

その他の体の悩み

野球肘

野球肘

医学的な名称は上腕骨内側上顆炎といいます。野球という名称がついていますが、投球動作を含むスポーツによる肘痛のこと。小学生から中学生に多く、大人でも見られます。治療方法はさまざまですが、当院ではなるべく短期間で症状を回復させるために、最新電圧治療機を用いて治療にあたっています。

テニス肘

テニス肘

テニス肘とは、テニスなどのラケットを使うスポーツをする人がなる上腕骨外側上顆炎、上腕骨内側上顆炎のことです。

オスグッド

成長痛は子どもが成長するときに成長軟骨の部分に痛みを生じる障害で、骨端症(こったんしょう)と呼ばれています。とくに小学校の2~5年生ぐらいの子どもは「かかと」、5~6年生ぐらいになると「膝」、また中学生になれば「腰」というように、年齢によって成長していく骨で痛む部分が変わってきます。オスグッドに対し、当院では物理療法と東洋医学をミックスした治療法を行っています。

骨盤矯正

骨盤矯正

腰痛や肩こりは、背骨や骨盤の歪みによっても引き起こされるものです。この場合は、背骨や骨盤を本来の正常なポジションに戻してやることで筋肉の負担が減り、また神経伝達や血液循環もよくなって自然治癒力が最大限に引き出されます。その後、筋肉にはマッサージ治療を行っていきます。当院の姿勢矯正は、根本的な部分の治療で痛みや違和感を取り除いていく本格的な矯正です。

婦人病

生理痛や妊娠中に起こる肩こりや腰痛など、女性特有の痛みや体の不調にも対応いたします。生理痛の場合は、骨盤矯正を行ってゆがみを治し、骨盤内の血液の循環を改善します。妊婦さまの場合は負担をかけないよう、楽な姿勢の状態で筋肉を押したり伸ばしたりしていきます。また、自宅で行うことのできるストレッチや、普段の姿勢のアドバイスなども行っております。

マタニティー治療

マタニティー治療

妊娠すると、お腹の重くなり身体の重心が従来よりも前屈みになります。
前側にある重心は背骨を伸ばす事で真っすぐな姿勢になります。
ただ、妊婦さんの場合はお腹が大きくなれば従来よりも背骨が反りすぎてしまうので、腰の痛みが起こってくるといわれています。

新着情報

一覧を見る

2013/11/26

サイトを更新致しました。

モバイル・スマートフォンサイトはこちらのQRコードから
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒617-0002
京都府向日市寺戸町八反田9-13
【受付時間】
9:00~12:00 15:30~20:30
緊急であれば随時受付中
【休診日】
木曜・土曜日午後、日曜日

お問い合わせ 詳しくはこちら